大会情報

国民体育大会とは、昭和21(1946)年から毎年都道府県持ち回りで開催されている、国内最大のスポーツの祭典です。

「本大会」と「冬季大会」の競技得点の合計を競い合う、都道府県対抗方式で行われ、天皇杯(男女総合成績第1位)・皇后杯(女子総合成績第1位)の獲得を目指し、代表選手が各競技で熱い戦いを繰り広げます。

「いちご一会とちぎ国体」は、昭和55(1980)年の第35回国民体育大会(栃の葉国体)以来、42年ぶりとなる令和4(2022)年に栃木県で開催される第77回国民体育大会です。競技得点の対象になる「正式競技」のほか、「特別競技」「公開競技」「デモンストレーションスポーツ」といった競技を実施します。

大田原市では相撲、ソフトボール、バドミントン、綱引、スポーツチャンバラ、ダンススポーツ、リレーマラソンの7競技が開催されます。

県マスコットキャラクター
とちまるくん
市マスコットキャラクター
与一くん

全国障害者スポーツ大会(大会)は、平成12(2000)年に「全国身体障害者スポーツ大会」と「全国知的障害者スポーツ大会」が統合されてつくられた、国内最大の障がい者スポーツの祭典です。障がいのある選手が競技などを通じ、スポーツの楽しさを体験するとともに、多くの人が障がいに対する理解を深め、障がいのある人の社会参加を推進することを目的としています。

大田原市ではソフトボール(知的障害)が開催されます。

県マスコットキャラクター
とちまるくん
市マスコットキャラクター
与一くん

愛称

「いちご」の生産量が半世紀に渡って日本一の栃木県。「いちご王国」で行われる国体に参加するすべての人々が、県民の心のこもったさまざまなおもてなしに出会い、交流を深めることで新たな夢や感動が生まれることを目指します。

愛称は23,851件の応募の中から、当時、金田北中学校3年後藤瑛美さんの作品が採用されました。

スローガン

アスリートたちが夢に向かって突き進む姿は、大会に参加する全ての人に感動を与えます。その感動をレガシーとして、未来の人づくり、地域づくりにつなげていきたいという願いが込められています。

Page top